シンポジウム 道民の力で北海道の歴史的建造物をまもり、活かすために

国指定重要文化財豊平館の構造補強と付属棟新築を事例として

日時:2015年10月10日(土)13:15〜17:00(13:00受付開始)

会場:札幌市立大学サテライトキャンパス

アスティー45 16階 1606号大研修室

札幌市中央区北4西5 アスティー45ACU

講師・解説者(敬称略)

豊城 浩行(文化庁文化財部 主任文化財調査官)

木村 勉  (長岡造形大学教授)

松本 優  (文化財建造物保存技術協会 技術主任)

細見 聡  (三菱地所設計 札幌支店副支店長)

遠藤 謙一良 (日本建築家協会北海道支部 副支部長)

角  幸博  (日本建築学会北海道支部歴史意匠専門委員会)

駒木 定正  (日本建築学会北海道支部歴史意匠専門委員会)

羽深 久夫  (日本建築学会北海道支部歴史意匠専門委員会)

坂井 文   (日本建築学会北海道支部都市計画専門委員会)

斉藤 雅也  (日本建築学会北海道支部環境工学委員会)

応募条件・定員:100名(応募条件は問わない、歴史的建造物保存活用に関心ある方)

参加費:無料

申込・問合先:2015年10月7日(水)必着

参加申し込み・問い合わせは、こちらからお願いします。

300px-Hoheikan_Sapporo02bs3200

ポスター3