「古き良き伝統~家~再生と音のコラボレーション」

051205北海道の民家と本州の民家のつながりや古き良き伝統、民家の再生について、尺八の音色とのコラボレーションを試みながら再考する集いを催します。
本州に較べると歴史が浅いといわれる北海道。しかし、北海道にも根づいている古き良き民家の伝統があります。道産材を用い、出身地から大工を呼び寄せて建てた民家が驚くほど多く残っていることが分かってきました。北海道の民家と本州の民家のつながりや古き良き伝統、民家の再生について、尺八の音色とのコラボレーションを試みながら再考する集いを催します。まさに、伝統に何ができるかをお楽しみください。

日時:平成17年12月2日(金)、入場:午後6:30/開演:午後7:00
場所:札幌市生涯学習総合センター「ちえりあホール」
会費:無料
定員:430名

●講 演:「北海道に根づいている古き良き民家の伝統と再生事例」
北海道における洋風建築と民家の流れをたどり、その根底にながれる和の趣向を明治天皇の北海道御巡幸に絡めてひも解きます。
・講師:羽深久夫(特定非営利活動法人北の民家の会理事長/札幌市立高等専門学校助教授)

●演 奏:「伝統音楽の現在(いま)」(60分程度)
古き良き伝統の民家とその再生事例に根づく心情を伝統楽器の尺八の旋律にのせて奏でます。
・楽器:尺八独奏
・演奏者:菅原久仁義(北海道帯広市出身、菅原邦楽研究室主宰)

【同時開催】※開催日以外にも下記日程で開設しています。
○VTR上映会:「伝統文化の魅力~古建築の今とこれから~」(5分~6分)〈11月21日(月)~12月17日(土)〉
ちえりあ12面マルチビジョンでは「伝統文化の魅力~古建築の今とこれから~」をテーマとし、VTRを定期的に上映。

○展示会〈11月21日(月)~12月26日(月)〉
ちえりあ吹抜ロビーでは古材展示(軸組や部材、再生家具)、古材再生事例パネル を展示。

《申込方法》…………………………………………………………………………
・はがき・FAX・インターネット/11月22日までに申込可
・多数時抽選:当選ハガキ1枚で2名までの入場可
・申込先  :札幌市生涯学習センター事業課学習企画・視聴覚係
〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
【FAX】 011-671-2334  【TEL】 011-671-2311
【URL】 http://chieria.slp.or.jp
…………………………………………………………………………………………

[主催] 財団法人札幌市生涯学習振興財団、特定非営利活動法人北の民家
の会、株式会社ファベル