第3回定期総会 記念講演のご案内

070630日頃は「北の民家の会」へさまざまなかたちでご協力いただきありがとうございます。今後も皆様と力をあわせて、この運動を積極的に進めてまいりたいと思います。つきましては、今年度の通常総会と記念講演を別紙の要領で開催いたします。ご多忙とはおもいますが、出席いただきますようお願いいたします。なお記念講演では岩国市錦帯橋の「平成の架替」に携わった大工棟梁海老崎粂次氏(海老崎組代表)に木橋に関する貴重なお話や架け替え工事の体験記などを紹介していただきます。是非ご期待下さい。

● 日時:2007年6月30日(土)
● 定期総会:午後13時30分~午後14時30時
● 記念講演:午後14時45分~午後17時15分
レセプション:午後13時00分~午後13時30分/懇親会:午後18時~午後19時30分
(レセプションは参加者の交流をはかるものです、是非ご参加ください。)
●資料代:500円
●会場:札幌市立大学サテライトキャンパス
060-0003 札幌市中央区北3条西4丁目1日本生命ビル5階
電話011-218-7500

●スケジュール:
13:00~13:30 レセプション(ラウンジ)

13:30~14:30 第3回定期総会(100名)

14:45~17:15 記念講演(100名)
「海老崎棟梁、錦帯橋を語る」
講師 海老崎 粂次(海老崎組代表)                                   (一般の方の参加も可です)

18:00~19:30 懇親会
会費4000円

●定員:100名(先着順) 資料代500円
●問い合せ先:NPO法人(特定非営利活動法人)北の民家の会 事務局
参加申し込み・問い合わせは、こちらからお願いします。

●主催:NPO法人北の民家の会

(会員外の方々の参加申込にお使いください)

NPO法人北の民家の会事務局 FAX:011-863-6700

NPO法人(特定非営利活動法人)北の民家の会 第3回定期総会
参加申込書

●定期総会
会員と入会希望者のみご参加下さい。

参加希望(○で囲んで下さい。)

●記念講演会
定員100名、資料代500円
会員・会員外のどなたでもご参加下さい。

参加希望(○で囲んで下さい。)

●懇親会
定員30名、会費4000円
会員・会員外のどなたでもご参加下さい。

参加希望(○で囲んで下さい。)

入会希望:希望する、希望しない(○で囲んで下さい)

氏  名:

住  所:〒

電  話:

F A X:

PCメールアドレス:

錦帯橋の概要

日本三名橋のひとつ「錦帯橋」 (きんたいきょう) は日本を代表する木造橋です。他に例を見ない特異な姿の五連の反り橋が特徴で、1922年 (大正11年) には国の名勝に指定されています。橋の長さは、橋面にそって210m、直線で193.3m。また幅5m、橋台の高さ6.64mです。
錦帯橋の歴史

錦帯橋は1673年 (延宝元年) 10月、第三代岩国藩主、吉川広嘉によって創建されました。翌年洪水により一部が流失しましたが、その年のうちに直ちに再建され、以来276年の間、老朽による架け替えは行われたものの、流失することはありませんでした。

しかし不落を誇った錦帯橋も、1950年 (昭和25年) 9月のキジア台風による錦川の大増水により、惜しくも流失してしまいました。その後、1953年 (昭和28年) 1月に再建されましたが、約50年を経て全体的に傷みが目立つようになり、2001年 (平成13年) 秋より「平成の架け替え」別ウインドウで開きます(関連サイト「錦帯橋の四季」) が昔ながらの木組みの工法で行われました。そして2004年 (平成16年) 3月、五つの反り橋は更にアーチの美しさにこだわって生まれ変わりました。
錦帯橋の構造

反り橋の構造は、頑丈な組木の技法により、橋上からの圧力で更に強度が増す仕組みとなっており、経間35mを無脚で渡した技術は、現代の橋梁工学からみても非のうちどころがないと言われています。

錦川の河原から錦帯橋の裏面を見上げると、精緻な組木を巻金と鎹 (かすがい) で補強したダイナミックな構造美を見ることができます。また水流に対して流線型をした橋台は、水の圧力を軽減する効果があり、橋台周囲に敷きつめられた敷石が橋台の根元を補強しています。
錦帯橋の魅力など

錦帯橋の魅力は橋を取り巻く山紫水明の景観によって更に増幅します。その四季おりおりの美しさを、関連サイト「錦帯橋の四季」別ウインドウで開きますでご覧ください。

なお、2005年 (平成17年) 9月6日に襲来した台風14号がもたらした未曾有の豪雨により、架け替え後、わずか1年半しか経っていない新しい錦帯橋の橋杭が2本流失しました。しかしその後、 2006年 (平成18年) 2月には修復工事が完了し、元の美しい姿を取り戻しています。
詳しい情報 ≫別ウインドウで開きます (関連サイト「錦帯橋の四季」)

2007年 (平成19年) 2月16日、財団法人古都保存財団別ウインドウで開きますにより「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

≫ 錦帯橋付近の地図 (および駐車場情報)

参考:岩国市観光パンフレット、岩国市ホームページ

070630-2