セミナーのご案内「北海道の洋風建築とインテリア」

070615北海道の洋風建築とそのインテリアの原点は、アメリカ北東部からもたらされました。
現地調査による比較をとおして「原点」を大切にする姿勢について共に考えます。
北海道開拓期の建物とアメリカとの関連については、開拓使の最上位の洋風住宅がマサチューセッツから来訪したアメリカ人の指導によって導入され、また、幌内鉄道(手宮・幌内間)と北海道庁本庁舎のれんが造の建物がニューヨークに留学した日本人
によって建築されたことでも証明されます。
北海道とアメリカにおける開拓期建物の保存の現況を比較し、私たちと開拓の先達であるアメリカ人の歴史を継承する姿勢の違いを見ながら北海道の今日的課題を検討します。

第1回目 北海道の洋風住宅の歴史(マサチューセッツからの風)
アメリカの影響によって造られた草創期住宅の話し
6/15(金)PM 6:30~8:30(開場 PM 6:00)
会 場 札幌日生ビル5F 札幌市立大学キャンパス
講 師  駒木 定正 氏
1974年近畿大学理工学部建築学科卒業
1983年北海道小樽工業高等学校建築科勤務
1990年北海道職業能力開発大学校勤務
1999年博士(工学)学位取得(北海道大学)
2001年北海道職業能力開発大学校助教授 現在に至る
著書「小樽の建築探訪」(北海道新聞・函館、札幌他同シリーズ)
「総覧日本の建築」(第一巻・新建築社)
「北海道の開拓と建築」(第一法規)
「建物の見方・しらべ方 近代産業遺産」(ぎょうせい) 他

■会 場 札幌市中央区北3条西4丁目1 日本生命札幌ビル5階
札幌市立大学 サテライトキャンパス  TEL 011-272-3277
■定 員 70名
■参加費 無料
■申込み FAXまたはEメールにて所属先 お名前 連絡先を明記の上、
下記事務局まで申し込み下さい。定員になり次第締め切りとします。
■共 催 札幌市立大学 デザイン学部
■主 催 北海道インテリアプランナー協会(HIPA)
札幌市北区新川3条12丁目9番11号
TEL/FAX:011-765-3309  e・mail:mail@hipa.biz
『お問合わせは 011-785-0519  普及委員会 野村まで』