「近藤棟梁を語る会」の開催について

070825道内の歴史的建造物の復元工事に多大なる功績を残した名工近藤龍夫棟梁が昨年7月亡くなりました。 近藤棟梁は道内では、唯一人として文化財建造物木工技能士として活躍され、その業績は北海道開拓の村・北大植物園内の他、民間工事としても数多くみられます。なかでも、開拓の村の青山家漁家住宅復元工事は後世までその技が語り継がれる事でしょう。北海道の歴史的建造物を保存する為に彼ほど熱心に技能を追求し仕事に取り組んだ職人は他にみあたりません。 そこで我々は、近藤棟梁の多大なる功績を讃えると共に、その仕事を振り返り「技と智恵」を学ぶ為にも「近藤棟梁を語る会」を企画しました。 生前の思い出話と共に近藤棟梁を偲びたいと思います。

主催 NPO法人 北の民家の会
「近藤棟梁を語る会」実行委員会 委員長    駒木定正
日時 平成19年8月25日(土曜日)午後2時00分~午後5時00分
場所 北海道開拓の村  (電話: 011-898-2692)
札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
ビジターセンター講堂
受付場所 管理棟内(午後0:00より受付)団体割引有り
開会挨拶  14:00~磯田憲一氏  (NPO法人 北の民家の会 会長)
趣旨説明 14:15~ 駒木定正(北海道職業能力開発大学校准教授)
基調講演 14:30~ 小林孝二氏  (北海道開拓記念館主任学芸員)
「青山住宅と近藤棟梁」
スライド・ビデオなど利用し棟梁の仕事を紹介
座談会  16:00~ 駒木氏・小林氏・狩谷氏(TAC代表)
小川原氏(小樽蕎麦屋「籔半」)
駒木邸・狩谷邸・「藪半」などの工事エピソード
閉会挨拶 16:50~ 羽深理事長(NPO法人 北の民家の会 理事長)
参加費  500円(資料代他)開拓の村入場料680円(団体割引)は別途
懇親会  18:00~ 場所後日決定 会費 5000円程度
申し込先  武部建設(株)    岩見沢市5条東18丁目
参加申し込み・問い合わせは、こちらからお願いします。

* 開拓の村ボランティアの方は施設入場は無料です