「フライブルグ市の交通政策と持続可能な未来交通」 講演会のお知らせ  

ガソリンが1Lあたり260円を越えているドイツ。そのドイツで「環境首都」と呼ばれ、数々の画期的な政策を打ち出しているフライブルグのまち。このまちでは多くの市民がマイカーに頼らず、鉄道~市電~バス~自転車そして徒歩という手段をシームレスに乗り継ぎ、安価で安全な移動の自由を手に入れています。人口規模こそやや違いますが北海道、私たちのまちでもきっと参考になること請け合いです。一般市民の方はもちろんですが交通行政に関わっている方、鉄道、バス会社の方の参加も大歓迎です。私たちのまちの交通の未来像を一緒に考えてみませんか。

■ 日時    平成20年11月8日(土)  15:00~17:30
■ 場所    札幌市立大学 サテライトキャンパス
〒060-0003 札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命札幌ビル5階
� 011-218-7500
地下鉄 さっぽろ駅徒歩1分、JR札幌駅徒歩4分、地下鉄大通駅徒歩7分
■ 資料代  500円
■ 問合先  NPO法人北の民家の会 常任理事 中村欣嗣(よしあき)まで。

<a href=”http://kitanominka.jp/contact”>参加申し込み・問い合わせは、こちらからお願いします。</a>

■ 主催    クルマ社会を問い直す会
■ 共催・後援  NPO法人北の民家の会、札幌市立大学

■ 講師紹介   村上 敦(むらかみ・あつし)
1971年岐阜県高山市生まれ。渡独後11年間に渡って、ドイツとフライブルク市の環境政策や取り組み、とりわけ「交通」や「まちづくり」について調査を続け、執筆活動を行う。PO法人エコロジーオンラインでのフライブルクレポート、日経BP未来生活、環境省によるRe‐Style、日BPECOJAPAN、GoodNewsJapan などWEB媒体だけでなく、各種新聞、雑誌などにおいて執筆活動を行う。
翻訳書:『エコロジーだけが経済を救う(洋泉社)』
著書:『カーシェアリングが地球を救う(洋泉社)』
オンライン&オンデマンド出版著書:『フライブルク市のエネルギー政策
(EOL-WAYS)』
「フライブルクのまちづくり」-ソーシャル・エコロジー
住宅地ヴォーバン-(学芸出版)
HP:「環境ジャーナリスト・村上敦のページ」
http://murakamiatsushi.de/

081108

081108-2