木構造および大工育成セミナー「大工の力」再認識!

国土交通省平成21年度地域木造住宅市場活性化事業に採択された「北の民家モデル構築と普及促進プロジェクト」の一環とし、今回は大工の力が発揮できる木造建築の話とそれを造る大工棟梁の話を通して現代における大工育成の大切さをアピールする勉強会を企画します。若い大工職人、工務店経営者、木造建築の設計者、建築を目指す学生、木造住宅を建てようとしている市民のみなさんの巾広い参加を期待します。

日時:平成21年12月21日(月)  18;00~20;30

場所;札幌市立大学サテライトキャンパス
(札幌市中央区北3西4 日本生命札幌ビル5階)

内容;(1)大工の力が発揮できる木造建築の設計実例と大工職人について
(2)木造建築における大工の仕事と役割

講師; ・吉田桂二氏(連合設計社市谷建築事務所)
東京芸術大学建築科卒業。
2000軒以上の住宅を手がけた日本住宅建築の第一者。
著書に「なつかしい町並みの旅」
「民家に学ぶ家づくり」等多数。

・剣持猛雄氏(大工棟梁、山形県鶴岡市)
NPO法人伝統木構造の会「大工会」幹事長。
木の建築フォラム 木造建築大賞の東郷中学校校舎
(山形県)を刻む。
その他伝統搆法の住宅を多数施工。

※ 当日は剣持棟梁作成の1/6壁面模型による構造実験も行う予定です。
(実験は貫工法、筋違工法、金物工法などの異なるサ ンプルの
比較で行われます)

参加費;無料

定員;30名

参加申込先(お問い合わせ先)武部建設株式会社
参加申し込み・問い合わせは、こちらからお願いします。