古民家解体現場見学会・ワークショップ

腕自慢の職人が巧みな技で家の骨組みを外しながら解体していく現場2箇所の見学会と、組み外された古材に直に触れながら磨き・色付けするワークショップの2つのイベントを行いました。

当日は、腕自慢の職人が巧みな技で家の骨組みを外しながら解体していく現場2箇所の見学会と、組み外された古材に直に触れながら磨き・色付けするワークショップの2つのイベントを行いました。
また、美唄からの移動途中、三笠で自家製ぶどう100%のワインづくりをしている山崎ワイナリーへ。石狩平野一望の素晴らしいロケーションにありました。

〔1〕解体現場見学会(9:00~12:00)
※集合……岩見沢市中幌向町163-7
1)富山県出身者の開拓農家(大正8年築)
富山県の特長をもった立派な民家です。
2)農家の古納屋 … 美唄市
広葉樹(雑木)を構造材に使用した典型的古い型式の農家
納屋です。

〔2〕古材の磨き・色付けワークショップ(13:30~15:30)
◎場所:武部建設(株) 本社「古材ギャラリー」にて
三笠市萱野219
※広葉樹の古材の端切れを磨いて古色付けします。塗装の講師は
クラレインテリア(株)工場長で「北の民家の会」会員の東海
林貞雄。

◆参加費(当日会場で受け付けます)
・見学会……会員・非会員とも500円
・ワークショップ……会員1,000円/非会員1,500円
houkoku_050528-1
立派な梁、柱がうかがえる幌向の古農家
houkoku_050528-2
美唄市の農家の古納屋
houkoku_050528-3
古材みがき・色付けワークショップ