石山古民家解体現場見学会と森町斉藤家登録文化財報告セミナー

AM10:00に(株)石山石庭(札幌市南区石山1条4丁目2-1)さんに集合し、
羽深理事長の挨拶の後、解体住宅のオーナーでもあり、(株)石山石庭の社長の岩本任功様より、石山地区と岩本家の歴史や建物に関するエピソードなどお話頂きました。解体現場は柱と梁が残る程度まで進み、構造や材種について説明を受けました。
その後、場所を市立大学に移し、登録文化財の解説と森町斉藤邸の移築再生現場の工事報告がスライドを交えて行われました。地元の雑木(タモ・カツラ)を使った立派な構造です。

houkoku_070421-1
立派な柱と差鴨居です。材種はタモ
houkoku_070421-2
岩本社長と羽深理事長の挨拶
houkoku_070421-3
札幌市立大学でのセミナーの様子