「北の民家モデル」プロジェクト木構造実験

平成21年度地域木造市場活性化推進事業に採択された「北の民家モデル構築と普及促進プロジェクトに関する事業」の一環として15日~17日に充填屋根断熱仕様における垂木直行方向加力型の面内せん断耐力確認実験を旭川市の道立北方建築総合研究所(北総研)にて行いました。3タイプの試験体を3日間にかけて実験し成功裡のうちに終了しました。2*12(ツーバイ材)による屋根断熱パネルの水平構面に対する耐力測定で陸屋根タイプと勾配屋根(5寸勾配)タイプ2体で行い、測定結果は北海道工業大学の千葉研究室にて解析していただくこととなりました。

実験の様子

houkoku_100215-1陸屋根タイプ
houkoku_100215-2勾配屋根タイプ
houkoku_100215-3最大加圧時