第7回定期総会・記念講演会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第7回定期総会が無事終了いたしました。総会では昨年度の事業及び決算報告と今年度の事業計画と予算案が審議され承認されました。又新たに正田亨氏を常任理事に推薦され了承されました。記念講演では建築構法の大家でおられる内田祥哉先生(東京大学名誉教授)をお招きして「木造住宅のフレキシビリティとこれからの新しい住宅について」というテーマで、お話を頂きました。

基調講演には東大名誉教授の内田祥哉先生をお迎えし、日本の木造建築のフレキシビリティーについて、その歴史から現在に至るシステムまでお話をしていただいた。私たちがふだん、あまり意識していないでいる日本の木造家屋が実はとても多用で、合理的でありながら、ある部分では「いい加減」という、いかにも日本的な面をもつシステムであるのかがよく理解できた。会場には本会の特別会員でもあり、内田先生の愛弟子でもある室工大の鎌田先生もかけつけ、先生の講義に聞き入っておられた姿が印象的であった。 (常任理事:中村よしあき 記)